数ある脱毛の中での永久脱毛とは

ムダ毛が永久になくなればいいのにと感じる方も多くいるなかで、永久脱毛は魅力的な方法といえます。

しかし、永久脱毛とは一生涯毛が生えてこないという印象が先行してしまいがちですが、そうではありません。



毛周期を考慮して、その周期を越えた後も発毛率が著しく減少しているということを指しています。しかし発毛があるといっても産毛のような細い怪我生えてくる程度なのでその効果はやはり高いといえます。



またこの脱毛方法は医療機関やクリニックでのみ行うことが出来る医療行為であり、一般的なエステサロンで行われている脱毛は永久脱毛の効果は得られないとされています。

これは使用する脱毛器の出力が医療機関では高いため効果も高く得られるからです。そのためエステサロンよりも費用は高くかかるため、自分は何が必要なのかをきちんと決める必要があります。

実際には、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛、ニードル脱毛といった方法があり、それぞれ、レーザーで毛の発育をつかさどる毛母細胞と毛乳頭を破壊してしまう方法、同様にストロボのようなものを照射することによってこれらを破壊するもの、毛穴に針を刺して弱電流を流すものとなります。

エステで行われる処置よりも痛みを感じやすいという面もありますが、医療機関での処置となりますのでどうしても我慢が出来ない場合であれば、麻酔をかけながらの処置をするといった医療行為も選択することが出来ます。



副作用も出にくく、もしやけどや肌荒れといった副作用が出たとしても医療行為を施すことによりこじらすことなく手当てを受けることも期待できます。