完璧に永久脱毛できる脱毛方法

現在、エステやクリニックで行われている脱毛の主流は光脱毛とレーザー脱毛の二種類となっています。

この二つの脱毛法法は、どちらも毛根に直接働きかける仕組みになっており、利用者の中には明確な違いをきちんと把握していない人も多くいます。
しかし、確実に永久脱毛できるという点においてははっきりとした違いがあるため、永久脱毛を行いたいとお考えの方はしっかり理解しておいたほうがよいでしょう。


光脱毛とレーザー脱毛の大きな違いは、毛根の働きを抑制するか、または破壊するかというところにあります。



光脱毛の光はレーザーほどの強さを持っていないため、毛根に照射しても毛根の組織そのものを破壊することはできません。

そのため、永久脱毛に近い状態になるまでに幾度も照射を繰り返さなければならず、それだけ時間がかかることになります。

一方、レーザーは毛根にまでしっかり届く強さを持っているため、少ない照射で毛根の組織が破壊されて完全に永久脱毛することができます。



このような施術は医療行為と見なされており、必然的にレーザー脱毛は医師の在籍するクリニックでしか受けられないことになっているのです。

光脱毛が10回から12回程度の照射を必要とするのに対し、レーザー脱毛は5回から6回程度の照射で永久脱毛が完了します。



レーザーは光よりも肌に感じる衝撃が強いという難点がありますが、最新の機器は十分に痛みを抑える働きを持っていますので、設備の整ったクリニックを利用すれば心配はありません。